交通事故は健康保険で治療できる?

交通事故には健康保険は使えない」という神話のような話が存在しているようですが、交通事故であっても健康保険で治療を受けることができます。

ここでポイントとなるのが、自賠責の傷害による損害の保険金限度額は120万円しかもいというごとです。

この範囲内で、治療費関係と休業損害、慰謝料を請求するわけですから、健康保険を使うことで治療費を圧縮し、休業損害と慰謝料の枠をできるだけ多く取るようにしたほうが有利なわけです。

健康保険を利用したほうがよいケースとして、次の]2つが考えられます。

ひとつめは、相手方の賠償資力が乏しいと思われ名場合や治療費が入院や手術によって多額になりそうな場合です。

        、

このケースでは、自賠責をそのまま治療費にあてた場合は自費診療扱いになり、健康保険を使った場合に比べて治療費が多くかかります。

治療費だけで120万円の枠のはほとんどを使ってしまうと、自賠責で請求できる休業損害と慰謝料の枠が非常に少なってしまいます。 

 

被害者としてはできる限りの補償を受けたいのですから、賠償資力が乏しいと思われる相手に不足分を請求して気を揉むような事態を避け、必要に応じて被害者請求を活用したほうが得策だといえるかもしれません。

ふたつめは、自分にも過失がある場合で、とくに自動車同士の事故では、どちらの運転者も過失があるケースがほとんどです。このような場合、相手への損害賠償請求は、自分の過失分を差し引いた形での請求になりごます。

しかし、自賠責はその性格から重大な過失などがない限り保険金の削減はほとんどありません。

自分にも過失がある場合、自賠責の120万円の限度額から超過した分の休業損害や慰謝料については、過失相殺により削減される可能性があるわけですから、治療費を圧縮したほうが十分な保障を得られる確率が高いといえます。

健康保険を使ったときの自己負担分は、被害者請求で自賠責に請求することになり、健康保険組合(国保の場合は市区町村)が病院に支払った治療費は健保組合等が自賠責に請求することになります。

また、交通事故でのケガはその緊急性から病院を選ぶことはほとんど不可能であり、たまたま治療を受けることになった病院に、この健康保険の利用を申し出ても、病院側がその利用に前向きでない場合もまれにあるようです。こんなときは転院を考えたほうがいいでしょう。